​〜テキーラ蒸留所見学〜

テキーラスデルセニョールは、1943年にセサル・ガルシア=フェルナンデスにより創業されたグアダラハラ最古のテキーラ蒸留所です。今から60年以上も前に誕生した素晴らしい工場施設をガイド付きツアーによってご案内しようと、皆様のお越しをお待ちしています。弊社からは絵になるようなトラケパケ町は3分という至近距離にあります。また、グアダラハラ市内、その他の近郊のトナラ、サポパン、アヒヒクなどチャパラ湖畔の観光にも、弊社がそれらのどの場所に対しても便利な立地であり、最高のオプションになっています。

弊社の蒸留所見学では、テキーラの専門的な知識のあるガイドが皆様をご案内し、メキシコのエンブレムとして世界に名だたるテキーラの製造から流通に至るまでの素晴らしい世界に誘います。

見学中に、テキーラの製造工程である蒸し上げ、搾汁、発酵、蒸留、熟成の各生産エリアを見て回ることができ、最後にメキシコ屈指のセラー(貯蔵庫)にお立ち寄り頂き、弊社オリジナル商品をリーズナブルな価格でお買い求め頂くことができます。

弊社では、製造する様々なテキーラの魅力を皆様に実際に知って頂くために、毎日蒸留所見学を実施しています。

トラケパケはメキシコ民芸品の主要産地であり、世界的にも重要な存在になっています。インデペンデンシア通りに沿って民芸品の店舗が軒を連ね、伝統的な高温で焼いた陶器、吹きガラス製品、椰子の葉で編んだ籠、張り子の人形、錬鉄製品、銀製品、真鍮製品などの良質でオリジナルな民芸品をご予算に応じてお求めになれます。そのデザインの独自性は世界的にも有名です。

 

高級レストランからお手軽な食堂に至るまで食のチョイスは幅があります。メキシコの雰囲気溢れる料理店でマリアッチやトリオの演奏を聴きながらお料理をお楽しみください。素晴らしい思い出になることは必至です。 

 

1859年に建造されたセントロ クルトゥラル エル レフフィオは、グアダラハラ市営の文化会館として使われています。素晴らしい建築が印象的な建物です。地域陶器博物館は、美しい伝統的な陶器の数々を始め、国民陶器優秀賞を受賞した作品が展示されています。また、パリアン地区では、フィエスタ(お祭り)感が常に漂うフォークロアの最高の表現がみられます

市内にはある数多くの歴史的建造物には、数多くの観光客が訪れており、グアダラハラ市の経済発展にも寄与しています。中心街の建物は歴史的に非常に重要であると同時に優れて魅力的な建造物です。

 

そうした重要な歴史的建造物の存在こそは、グアダラハラらしさの真髄であり、芸術作品、習慣、伝統や伝説などはグアダラハラの人々にとっても観光客の方々にとっても大いなる興味のスポットとなっています。

さらに、随所にある緑地(公園、広場、庭園、ロータリー)のお陰で、忘れがたい思い出になる有名な娯楽地区を併設するグアダラハラでは、きっと楽しい滞在ができることでしょう。

トナラ先住民の言葉で「陽の出る所」という意味のコロンブスの到来以前からの村であるトナラは、寺院と中庭があり、先祖伝来の製陶の伝統を落ち着いた雰囲気の中で今日まで伝えています。ほとんどのトナラっ子は、民芸品関係の仕事に従事していることがわかります。そんな彼らの仕事ぶりを生で見ることは、仕組んでしているというのではなく、偶然に結果が出てくるという創造の儀式に参加することです。


お店は村の中心の通りに集中していますが、民芸品のストリートマーケットの開かれる木曜日と日曜日には、観光客の方々は民芸品市場として比類ないトナラの色と美しさに溢れるファンタジーの世界に入り込むことでしょう。トナラは、また、「職人の館」のロビーは、民芸品職人が集まり、作品を展示販売するための場所として作られました。

 

この館の中にある民芸品店には、様々な技術を駆使して製陶する50人以上の陶工がいます。

グアダラハラ

トラケパケ

トナラ

テキーラス・デル・セニョールは極上のテキーラとテキーラ飲料を製造しています。蒸留所見学も実施しており、グアダラハラ近郊への観光にも便利な立地です。